FC2ブログ
2011/12/26

Dday One








これぞヒップホップと呼べるクリエイティビティとプロダクション!

サンプリング全盛だったヒップホップがシンセ・サウンドに移り変わっていく中、

DJ Shadow を筆頭にカット・ケミストやJ ディラなど,

サンプリングに頑なに拘ったスタイルのプロデューサーの活動の裏で,

ディーデイ・ワンもその腕を磨いていた。

世の中に無限に存在するアナログ・レコードから

誰も聴いたことのない音源を見つけ出し、

独自のセンスと作曲技術を駆使し構築していくスタイル。

そしてその中から生まれるざらついていて、

太いながらもグルーヴ感溢れるビートは

黄金時代のヒップホップそのもの。





そしてこちらは、その中から割と最近にリリースされた一枚。

90 年代後半にカセットテープとDAT、フロッピーという

記録媒体に保存されていた音源を、

この時代になってリリースされました。

いい音はいつの時代になっても色褪せないですね!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント